暴君夏の罵声

8時58分に眠ろうとするも叶わぬままに、17時17分を迎える敗北感。絶え間なく罵る夏の罵声は、澱んだ血液を沸騰させて、僕の体を火照らせる。