2013年8月2日金曜日

手詰まりになってから文句を言うな。

自分の未来に僅かな可能性が残っている段階では不平不満を口にせずその状況を甘んじて受け入れていた人間が、手詰まりになってからあれが駄目だこれが駄目だと他のものに責任をなすり付けてなじり続けてるのにはうんざりする。最初から剣を手に取り立ち上がれ。戦え刺せ首を刎ねろ。今すぐにではなく、もっと前に。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。