あつい、眠い。

溜息を一つつくたびに、幸せが一つ遠のく。暇だと言うたびに、情熱は一つ失われる。つまらないと言うたびに、楽しさが一つはじけ飛ぶ。あついとつぶやくたびに冬が少し近づき、眠いと口にするたびに、朝はもうすぐそこまで迫る。