ti3一日目を一通り見終えた感想。

Haoの★を3から1に格下げしたい。
ただのBAKAプレイヤーだった。

eraに★2つつけといてよかった。
fnatic嫌いな上にera嫌いだからかなり迷ったけどhanniではなくeraに★付けた点だけは自分を褒めたい。なぜera嫌いかというと、スウェーデン国籍のプレイヤーだから。スウェーデン国籍は実力枠のパジャと、別腹のLodaで席が埋まっており、万が一にも万が一の事があると困るのです。アドブル、era、Loda、EGM、akke、s4の後塵を拝するパジャなんて事態になったら耐えがたい。brax頼む。god頼む。1437もここまで悪く無いし、mizのpickを責めることも難しい。





グループステージを全部見てると気力が持たないので、選り好みをして見た。アライエンス、tongfu、LGD.int、navi、fnatic、DKはMUFCとラットルスネークが絡んでるゲーム以外全部見た。IGとLGDは所々見てない。
 
アドブル&EGM+Lodaの表裏が強烈に機能しまくってるのに対して、iGはzhou+YYFが全然機能していない。とりあえずこのグループステージ、最下位でもトーナメントラウンドに進めるという重要度0の形式なので、トーナメントラウンドになってから真面目に見ようと思う。


TongFuはオフレーンが致命的でもの凄くしんどい。おまけにHaoの悪い面が目立つ。ただしHaoのpoor playに関しては修正が効くのでそこまで大きな問題にはならないと思う。あくまでtongfuの泣き所はオフレーン。DKのrotkとバーニングは好内容。中国最強のint solo midだったsuperが(長らく使っていなかった)pugnaに乗っててときめいた。 LGDはトーナメント待ち。xiao8はいつも通りムラのある内容で、yao先生はここまでかなり悪い。ddcは素晴しい。iceiceiceさんは面目躍如。ただしzenithは結果が出ていない。kurokyのコンディションは戻っていないけれど、ただのしかばねになってもkuroky。ところどころで、よくよく考えてみたらこの人昔はkurokyだったんだという優しさと柔らかさが光っている。kurokyはまだkurokyじゃない派だけれど、地平の果てにうっすらとkurokyが見えてきた。果たしてkurokyはkurokyに辿り着けるかどうか。bananaさんは相変わらず躍動していて、良い時のChuaNに匹敵する存在感を放っている。iGは苦しいが、グループステージで負ける事自体は悪い事ではない。立ち直れるかどうか。




一番面白かったのはnavi対fnaの二本目。内容はどうあれ、fnaticがnaviを2-0で止めたという事実に意味があるカードだった。そして、1st pickでbatを取って負けたというのも大きなポイント。3コア戦略に対して完全弱体化後のbatをpickするのは致命的。相手は1st pick batを見てからベタベタの3コア戦略を選択する事が出来る。bat見てnaix+nw確保。last pickでsolo midにpuck。pick負け。

さらにこのゲーム、dendiがbatを選択してから、fun1のbeamとswapしてるんだよね。dendiは自分がbatだと思ったのだろうけれど、puppyはdendiがbatに乗る愚については理解していた。ところが、fun1をbatに乗せる事も同じくらいの愚行。fun1は弱体化前のbatで大活躍したプレイヤーだから、puppyはfun1を信じてbatに乗せたけれど、今のbatは重要な地位に就いている神手が乗るヒーローじゃない。弱体化前のbatでも結果は同じだったというのは確かにあるのだけれど、視界が足りずに苦しんでいるシーンは散見された。

どうしてもbatをというならば、puppy自身がbatを練習して、fun1とdendiをbatで浪費しない戦略を準備しておくべきだった。eraはfun1のbatに1on1で完全勝利。fun1がside solo 1on1でまさかの完敗を喫した上に、そこからさらにど壺にはまってしまいnaviは立ちゆかなかった。puppyはまたもやpick負けという資産を得た。この負けはnaviにとって朗報。何度でも言うけれど、今のbatをpickして明確に得をするのは、EGM(with Loda)とアドブルという両翼を持つアライエンスのs4だけ。他はpickターンを浪費した上に、主力プレイヤーを無駄遣いしてしまう。

もうeraに鞍替えしようかな……。