2013年10月27日日曜日

どうでもよくなって悲しい

些細な事で全てがどうでもよくなって悲しい。些細なんだけれどちいさなことではないのが致命的。悪い人生にはバッドエンドが当然であるにせよ、せめて望ましいバッドエンドが良かったものの既にそれすらも望むべくがない。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。