2014年2月14日金曜日

どこからか

僕のせいじゃない僕の責任じゃ無い。いくつかの深刻な物事においては確かにそのとおりであり人生はまったくの運ゲー。けれども、いくつかな雑多な出来事に関しては完全に僕の責任で有り、桶が吹いて風屋が儲かる形でそういった軽微な自責が巡り巡ってどこからか深刻さを作り出しているのかもしれない。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。