隣の熊は今日も青い。

熊になれやしないかと思う。ただし熊にも弱点はある。銃弾である。もしも熊になれたとしても、銃弾を喰らってはひとたまりも無い。銃があまりにも強すぎるが故に、熊になってもなんんお意味もない。銃弾で傷つくことの無い熊になればほとんど全ての問題は解決するけれど、それはもう熊ではない。銃弾で傷つかないというだけのものである。銃弾で傷つかないだけならば簡単だ。隣の熊は今日も青い。