2015年7月11日土曜日

インターネットがつまらない楽しくない面白くない。

インターネットにはいろんな人が居るって言うけれど、素敵な人が居ない。面白い人が居ない。たとえば懸命にインターネットを続けて、楽しい人、面白い人、素敵な人をやっとの事で発見しても、素敵な人はインターネットには興味がない。なぜなら、素敵な人は素敵なものが大好きだから。素敵な人が素敵なのは、素敵な人と暮らし、素敵な人と働き、素敵なものを食べ、素敵な人生を楽しんでいるから。インターネットは素敵じゃないので、素敵な人はインターネットをしない。素敵な人は気まぐれで始めたインターネットをすぐやめて居なくなる。

インターネットで繰り広げられるのは、つまらないくだらない人間が触れ合いを求めて手を伸ばし、素敵な人や素晴らしい人を消耗させて、インターネットから追い出して弾き出す光景。くだらないつまらないインターネットを支配する、巨大な人民の集団が地響きを立ててうなりを上げるブルドーザーと化してインターネットの広大な大事を、何人も見逃すまいと足跡だけを残してどこも、かしこも、踏み荒らしていく。誰も居なくなって、みんな居なくなって、一緒に踏みましょう楽しいですよ、これがインターネットですと皆は言う。みんなつまらなくなっていく。みんなインターネットになっていく。インターネットをやめていく。

椅子から落ちた。

一段落したので、椅子の上で背伸びをしたら、バランスを崩して椅子ごと倒れた。衝撃でしばらく身動きが取れずそのまま寝ていた。どうにかして転がり起きてしばらくたったけれど、胴体が中から痛くて気が重い。あまりのばかばかしさに滑稽だなと思うけれど、笑う気力無し。