2016年3月19日土曜日

僕のからっぽの人生は僕のキャパシティをこえている。

この人生にはなんにもなくて、すっからかんのからっぽで、存在しないようなものなんだけれど、そんな僕のからっぽの人生は、僕という人間の器のキャパシティを完全にこえてしまっていて、これいじょう1つの分子も入らない。もう酸素を血中に取り込む余裕すら残っていないので、酸素を血中に取り込みたくなくて、息をするのもいやになる。

つらいことなんてなにもない。

脳味噌が死んでしまえば、つらいことなんてなにもないので、つらいなあと思ったならば、加速的速やかに脳味噌を殺すといいです。まぬけなブログの投稿欄にまぬけなエントリーを書き込んで、まぬけに投稿ボタンを押せば、脳味噌は簡単に死にます。つらいことなんてなにもないです。こんな人生に、脳味噌...