もう寂しくて寂しくて。

3時間テキストエディタを叩き続ければ、身の丈のブログは書ける。問題はいまぼくの身の丈が、何よりも低いこと。せめて地面にめり込んでいれば、そこに溜まる水もあろうが、水たまりが出来る程には低くなく、盛り上がって見つけられるほどには高くない。何も無い所に何も無いものを3時間足し続けても、出来上がるのはなにもない。なにもない僕から、全てのなにもないものが、いつの間にか失われてしまった。なにもなかった僕は、なにもないものを沢山失って、なにもない存在になってしまった。もう、寂しくて、寂しくて。